Vascular Facilitation Process®

VFP®︎(Vascular Facilitation Process®)とは、動脈や静脈をはじめ、リンパ液や脳脊髄液の流れを促進することで、身体の感覚がうすく動きが抑制されている部位に、忘れていた感覚と動きのパターンを呼び覚まし、身体全体の循環と機能を向上させてゆく根源的なボディワークです。

身体の【感覚があまりない】部位は【動かすことが難しい】わけですが、感じられないから動かしづらい、動かしづらいからますます感覚が鈍くなっていき、そして動かしづらいため血流が滞ってしまい感覚が薄くなる、というループが生じます。VFP®︎ではそのような身体の【記憶喪失】が起きている部位の脈管を柔和なタッチで触れ、クライアントに動いてもらったり感覚に意識を向けてもらいつつ、骨や関節の位置を整えながら血液の流れを促していきます。血液が正常に供給されることで、失われていた感覚と動きを取り戻すことができます。さらに全身を巡る血液の循環が良くなり老廃物が除去され、身体にもともと備わっていた生命力や治癒力や免疫力が回復し、徐々に高まっていきます。歩くなどの基本動作から、あらゆるパフォーマンスに至るまで、感覚と動きのレベルが連動してバージョンアップするのを体感できるでしょう。これは、神経系を通して感覚野と運動野の脳地図の書き換えがなされた【身体への再教育】の結果です。継続して身体に様々な動きのパターンをインプットそしてアウトプットしていくことで、身体の使い方が自分自身でよりコントロールできるようになったり、より重力と調和した力みの少ない動きに変わっていきます。

私自身がまずVFP®︎を受けたきっかけは、末期と診断された変形性股関節症による痛みがあり、歩くことや動くことも困難だったのを何とか改善したかったからでした。数年前から現在進行形でVFP®︎を定期的に受け続けていますが、アップダウンがありつつも、症状がかなり改善され目から鱗が落ちた経緯があります。身体の未知なる可能性を自ら目の当たりにしたことで、思い込みの枠がリアルに覆されました。ケースバイケースですが、慢性的な痛みなどがある場合は、負荷がかかってしまった部位を手技でゆるめ全身をバランスするケアと、身体に負担をかけない動きと感覚の再教育の、継続的なメンテナンスが大事だとしみじみ感じています。今は自分自身でも自分の身体にVFP®︎を施し実験しつつ、その手応えを提供するセッションに活かしています。

VFP®︎はこのような方々にお勧めしています。

  • アスリートやミュージシャンやダンサーなど、パフォーマンスの向上をめざす方。
  • パフォーマンスを向上させたいが、慢性的な痛みや怪我や体力低下などにお悩みの方。
  • 変形性股関節症や変形性膝関節症などで手術が必要と診断された方。
  • 手術後や怪我のリハビリを早めたい方。
  • 自分自身が設定している固定概念を外し身体の可能性を追求したい方。
  • 免疫力を高めたい方。
  • 老廃物を排出し循環を良くし自分のリズムを取り戻したい方。
  • 自分自身に落ち着きリラックスしたい方。etc…

*さらに詳しくは…

VFP®︎の創始者、荒和尚氏のサイトをご覧ください。https://vascular-facilitation-process.com/ja/vfpについて/

4/1〜5/31の期間限定で、VFP®︎セッションが割引価格にてご体験いただけるキャンペーンをご用意しました!なんと期間中はキャンペーン価格で何度でもお受けいただけます。この機会にぜひ一度お試しください。

通常15,000縁/90分 → 12,000縁/90分