Vascular Facilitation Process®

VFP®︎(Vascular Facilitation Process®)とは、動脈や静脈をはじめ、リンパ液や脳脊髄液の流れを促進することで、身体の感覚がうすく動きが抑制されている部位に、忘れていた感覚と動きのパターンを呼び覚まし、身体全体の循環と機能を向上させてゆく根源的なボディワークです。

血液は川のように全身をくまなく流れていますが、ある部位にこわばりや制限があると流れが阻害され、酸素や栄養を運んだり老廃物を除去するといった働きが低下してしまい、全身に影響を及ぼします。VFP®︎では柔和なタッチで脈管をとらえ、クライアントに動いてもらったり感覚に意識を向けてもらいつつ、骨のアライメントを整えながら血液の流れを促していきます。血液が正常に供給されることで、あらゆる組織が本来の生命力を取り戻し治癒力や免疫力が高まります。また、うすかった感覚がクリアに認識できるようになり制限されていた動きが楽にできるようになるなど、感覚と動きのレベルが連動してバージョンアップするのを体感できるでしょう。これは、神経系を通して感覚野と運動野の脳地図の書き換えがなされた結果です。身体の使い方が力みのないパターンに変わり、パフォーマンス力や表現力が豊かに広がるなどは勿論、損傷している部位などは治りやすくなるケースも多々あります。

私自身、末期と診断された変形性股関節症による痛みから歩行がうまくできないことがありますが、数年前からVFP®︎を定期的に受け、かなり症状が改善され驚いた経緯があります。身体の未知なる可能性を自ら目の当たりにしたことで、思考の枠がリアルに覆されました。

*さらに詳しくは…

VFP®︎の創始者、荒和尚氏のサイトをご覧ください。https://vascular-facilitation-process.com/ja/vfpについて/